プロフィール

Author:金ゐ國許

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『安部愼一の世界』

身内の不幸が頻発する私を見て職場の同僚に「お前厄年か」と言われながら、今月何度目かの早帰りを断行。それでも会場に着いたのは開始から30分経った8時ごろだった。

既にドキュメンタリの放映が始まっており、会場は暗くなっていた。見れば結構な数の客席である。パイプ椅子に座り、映像に見入る。

時間は一時間ほど。フィックスされたカメラにはコタツに座ったアベシンのみが映し出され、時々興奮した西野の手振り身振りが見切れる。伸びをしたり(アベシンが)、タバコを吸ったり(アベシンが)、水を飲んだりする(アベシンが)以外に動きは全くない。

私もこの撮影旅行に同行しているが、撮影機材は家庭用のビデオカメラで、音声も、よく見るようなショットガンはおろか内臓のものだけ。編集と言ってもブツ切りしただけで、正直かなり不安であった。

がしかしけれども、これが相当面白いのだ。アベシンフアン以外にどう映ったか分からないが、フアンには最上級に面白い内容だったと確信している。
ラジオのディスクジョッキーをやっていたという西野の声がまずいい。アベシンの絶妙の間は心地よいほどで、当日の役割を忘れてつい引き込まれた。
インタビュースキルは皆無に等しく、セオリーを完全に無視しながらも、惜しげもなく私生活を話す西野を前に、アベシンも打ち解けて通常のインタビューでは話しえないディープなエピソードを披露していた。アベシン資料として超一級品であることは言わずもがなだが、西野初のアベシン論が展開され、聞き応え十分。
背景に意味もなく揺れるカーテンもいい。アベシンの歌もいい。

蛇足だが、途中、アベシンが金ゐと勘違いしていた「アックス的な作家」とは、おそらく木下のことであろう。

映像が終わり、余韻冷めやらぬうちに前に招き寄せられ、自己紹介もないまま、西野空男が「ここからは金ゐくんの時間じゃけえ」と囁き、ひとり座らされた。「あんまりだよう」と、どうにか西野をひっばりだすも、西野は俯いたままいきなり質問コーナーを宣言。先頃のトークショーとその的を射た酷評が随分堪えているようだ。

会場は映画『美代子阿佐ヶ谷気分』の影響なのか、若い人が目に付いた。二、三説明を加えたところで、質問コーナースタート、二人だけでタイムアウトとなった。興味がある人が何人いるかは別として、もう少し話せば西野から色々引き出せそうだったので、勿体無いことをした。

詳細は『月刊架空』七月号を期待していただきたい。映像で流れた部分も、流れなかった部分も掲載されるはずである。
スポンサーサイト

幻燈展レポ用画像掲示板

http://bbtk.progoo.com/bbs/

開いてみました。

画像がアップロードできますので、どうぞよろしく。


『幻燈』展覧会レポート、写真募集のお知らせ

5月14日より、アラーキーのポロライド展で有名な下北沢のギャラリー「ラ・カメラ」にて、「幻燈」展覧会が開催中です。『幻燈』10号刊行記念ということで北冬作家の作品原稿や新作絵画がずらり105点。書籍も多数販売されており、オークションでプレミアムが付いている作品もちらほら。会場には北冬作家、架空作家のみなさんが多数来場されるということなので、サイン帳はマストアイテムでしょう。

(もしかしたらあの「ビッグT」も来るかもしれない・・・・ざわざわ・・・・いつなのかは分からないらしいが高確率かもしれない・・・・ざわざわ)

本来であれば当会は全てのイベントに参加すべきなのですが、物理的に不可能ですので、ぜひ皆様のレポート、写真をお寄せいただくよう、よろしくお願いいたします(ここで書いていたよ!という情報もお寄せください)。

gentouten01.gif
gentouten02.gif

日    時:2010年5月14日(金) ~27日(木)午後2時~9時
場    所:世田谷下北沢・ギャラリー「ラ・カメラ」(下北沢駅南口より徒歩15分)
        〒155-0032 世田谷区代沢4-44-12 茶沢通り沿いビル2F
        tel&fax 03-3413-9422
お問い合わせ:北冬書房 ℡:03-3468-7782 メール:redon_o@yahoo.co.jp

【出品作家】
天野天街、安部慎一、秋野すすき、石井隆、うらたじゅん、おんちみどり、河内遥、菅野修、甲野酉、斎藤種魚、新谷成唯、鈴木翁二、角南誠、つげ義春、つげ忠男、永井サク、西野空男、ネズ実、原マスミ、藤宮史、三橋乙揶、山田勇男、山羊タダシ、他。


【連日イベント】
定員50名 整理券は当日16時より配布 ← キャンセル等で意外と空いているかもしれません。
料金の記載のないものは、全て無料

5月14日 オープニングパーティー&西野空男紙芝居 19時~   レポートは【こちら
5月15日 宍戸幸司(割礼)ソロライブー、山田勇男作品上映 19時~(1500円)5月16日 つげ義春の世界を語るー佐野史郎トーク(映像あり)19時~
5月17日 鈴木清順と大正アナキズムー久保隆講演 19時半~
5月18日 山下菊二と白土三平ー山羊タダシ、小林坩堝、高野慎三 19時半~
5月19日 湊谷夢吉・銀河画報社・山田勇男ー映画&ゲストトーク 19時半~(1000円)
5月20日 鈴木翁二と三橋乙揶ー天野天街トーク+映像「鈴木翁二会いに行く」&シバライブ 19時半~(1500円)レポートは【こちら
5月21日 天野天街の世界ー天野天街・少年マルタトーク&少年マルタライブ 19時半~(1500円)
5月22日 つげ忠男の世界ーつげ忠男・原マスミ対談(司会・石川淳志)&映像 17時~
5月23日 うらたじゅんの世界ーうらたじゅん、梶葉子、おんちみどり、星希代子座談会 19時~
5月24日 実験映画とアニメーションー角南誠・ネズ実 19時半~
5月25日 安部慎一の世界ー未公開最新ドキュメンタリー映像 19時半~
5月26日 菅野修独演会「夜行・幻燈の作家たち・斉藤種魚」 19時半~
5月27日 復活「漫画主義」つげ義春・石井隆を語る! 山根貞男、梶井純、権藤晋 19時半~




新文芸座 つげ義春オールナイト

6月5日「侘しさと寂しさ 漫画家・つげ義春の世界」と題して、池袋新文芸座にてオールナイト上映。

22:45 ねじ式
00:20 無能の人
02:20 リアリズムの宿
03:55 ゲンセンカン主人

5月14日(金)オープニングパーティ

イベント:オープニングパーティ、紙芝居「煉獄奇談」(西野空男)

090111 039-2

090111 040-2

090111 048-2

090111 043-2

090111 057-2

090111 061-2

090111 067-2

090111 069-2

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。