プロフィール

Author:金ゐ國許

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

げんとうライブVol.1 「月と星のボンヤリ」

歳月人を待たず。

あっという間に1ヵ月が過ぎようとしていますが、11月23日(祝)『中野 Heavysick ZERO』にて開催された『げんとうライブVol.1「月と星のボンヤリ」』に行ってきました。


Heavysick ZEROと言えば、我らがインディーズラッパー『狐火』もライブをする、どちらかというと倶楽部というよりクラブ(語尾上がり)、すなわちは非幻燈的空間。


090111 034-1
↑「幻燈、頑丈なサウンドが身上」とでもいいたげなBボーイ店員



地階では北冬書房の物販コーナーが。


090111 036s
↑山田監督の短編映画が流れ、壁には北冬の本。

090111 042s
↑発売初日の幻燈10も。終了後は完売していたようで何より


とにかく、女性の数が多くて驚いた。年齢層も幅広い。息を呑むほどの美人がいたが、山田勇男監督映画に出ている女優さんのようだった。

090111 060s
↑会場は大入り満員でライブハウスのドアーが閉まらず。

090111 055s
↑開演まで、静かな山田監督の映像美。

珠水
遊星ミンツの作詞・作曲にボーカルを担当。代表作に「地転ノ休日」や「de souvenir (ドゥ・スーヴェニール)」。ひうがなつのボーカルも担当。あらゆる世代のノスタルジーをゆさぶるメロディと歌声を紡ぎ出す。天野天街率いる少年王者舘に80年代半ばより参加し、女優として活躍。また少年王者舘の劇中音楽の作曲も受け持つ。本年の少年王者舘公演「夢+夜~ゆめたすよる~」では、久々にほっかむり姿で登場、喝采を博す。

谷口マルタ正明
80年代よりアンダーグランド演劇やライブハウスシーンなどで活動。90年にライオンメリィと「echo-U-nite」を結成。現在、坂本弘道、滝本晃司、松本正の5人編成、フロントマンをつとめる。この他に、ことぶき光(元P-MODEL)とのアブストラクトテクノポップユニット「プノンペンモデル」、Spiritjack、宍戸幸司(割礼)、松本正と共にダブサイケバンド「彼岸」など多くのバンドで活動中。また、自ら主宰するレーベル「クラブルナティカ」では、遊星ミンツ、ひうがなつのCDもだす。

090111 072s

090111 074s


そして原マスミ!恥ずかしながらきちんと聞いたことがなかったが、いいですねー


090111 082s
↑エレアコによる弾き語り。シンプルながら熟練のテクニックが圧巻

090111 086s
↑「海のふた」という曲が非常によかった


ラストは大抽選会。地方から参加した知人が6名も途中退室せざるを得なかったため、私のてもとには抽選券が大量に。見事欲しかった北冬の対談集をゲット!

090111 088s



おまけ

090111 050s
スポンサーサイト

点燈舎通信 創刊号

tentousya01.gif
題字・つげ義春
未完の女/恩地緑
折りこみ付録 まったく私感的・テッテ的年譜
「蒸発」論序説/権藤晋
柘植義春を知って―暗さの向こうに/中原聡美
劇画風景の中で私は 試論としての劇画詩論/ちだ・きよし

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。