プロフィール

Author:金ゐ國許

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデンウィークだというのに

休みが取れない=つげ義春の世界に浸れない

ストレスがたまる=本棚から本が溢れる

寺山修司の映画を見る=青森弁に殺意を抱く


というわけで、今年のつげ巡礼は縮小版!

長野めぐりでございます。
スポンサーサイト

今年もまたきた!

http://www.shimi-masa.com/archives/2007/04/post_86.html

「先生の考え方も全く新しい切りくちでなかなか斬新で新鮮で興味深いス。面白いっス。」(デザイン学科3年)

「なんというか…。深いですね。深読みしようと思えばそこまで読めるんですね…。」(美術学科2年)

「演技力とはなんたるかを教えてもらいました。とてもかっこいい授業でした。サイコー」(文芸学科1年)

ぼくの小規模な買いもの

掲示板で話題に上っていた「uzo6」を入手した。土屋萌児さんの作品がよかった。

最近、漫画同人誌「漫世」を読み返している。『架空』とほぼ同時期に発表され、ほぼ同じぐらいの作り(ボリューム的にも)であることから、何か縁のようなものを感じていたのだが、なかでも渡邉知樹さんの「ヒッチハイク」がよい。木下さんはこの作品を評して「ぼくも東京に忘れ物をしてきたようだ」と書いており、その真意は今ひとつ理解できなかったものの、そう言いたくなるのも無理はない、一筋縄には行かない衝撃を与えてくれる作品であると思った。ストーリー云々ではない、ラストシーンの見開きは、アベシンの「天国」以来の衝撃であった(質はぜんぜん違います。念のため)。ぜひ一読を。

ついに「つりたくにこ」の単行本「北斗七星と海蛇」を入手。高かったけど。読む読む。

テーマ : ニコニコ動画 - ジャンル : サブカル

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。