プロフィール

金ゐ國許

Author:金ゐ國許

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東村アキ子『主に泣いてます』(モーニング)

100503.jpg

今や飛ぶ鳥を落とす勢いの【東村アキ子】が、自身最長の連載となった『ひまわりっ』(2006年~2010年)に続いて『モーニング』にて連載開始した本作。

10050502.jpg

黒塗りは言うまでもなく、セリフの段落分けも特徴として浸透しているんですね。
スポンサーサイト

山本直樹『北の秘密基地』

写真家【西宮大策】の新作写真集【hi mi tsu ki chi】は小学館的猛プッシュアイテムらしく、各所で広告を見るが、8月12日発売の『ビッグコミックスペリオール』17号には特別読切漫画競作シリーズ「hi mi tsu ki chi」のvol.5、6が掲載されていて、とても豪華。

大友克洋、花輪和一、五十嵐大介、高野文子、山本直樹。

漫画界を代表する絵師たちです。

090913-1.jpg

何と言っても高野文子!

デビュー30周年を迎えて俄然動き出しているのか、9月19日には、鶴田謙二『さすらいエマノン』の連載などで健闘中?の『comicリュウ』(徳間書店)11月号にオリジナルデザイン手ぬぐいが付録され、吾妻ひでおとの対談も収録されるらしい。

ファンサイトの「ことりのうた」が消えている方がショックでしたが。


それはともかく。


山本直樹の短編『北の秘密基地』が、『李さん一家』のパロディでした。
やはりつげ義春といったらこれなんですね。


090913-2.jpg


余談ですが、西宮大策という人は、うまいですね。

2作目の【mocktail】では『鉄コン筋クリート』のマイケル・アリアス、『水曜どうでしょう』の藤村D、続く本作では川上弘美と甲本ヒロトのコメント付きとなっていて、これ以上ない人選です。

作品も狡猾です。

秘密基地なんて言われたらそりゃ。

作品集のたびに公式サイト作ってたら、アラーキーどうすんだ。



河合克夫の『出会いK』(青林工藝舎)を読んでいたら、無能の人のパロディ4コマがありました。みんなつげ義春大好きだな。

つげパロディーの系譜 近藤聡乃「うさぎのヨシオ」

『コミックビーム』増刊【Fellows!】で連載中の「うさぎのヨシオ」。第2回でタイトルの意味がわかりました。

bbblkk090115.jpg

画像は第12話その名も「メメクラゲ」。

ホームページ】に掲載されている多摩美時代の習作「うさぎのヒロシ」には、「うさぎであることがコンプレックスのマンガ家志望のヒロシの話、なら描けそうな気がします。」というコメントが。

続く第13話「ねッおしえてください」が泣かせます。

「僕のマンガはちっとも自由じゃない/どれもこれも「ねじ式」のマネ/憧れの気持ちにしばられている」
「つげさん/あなたはこんな気持ちになったことありますか?」

どこかに書いてあったなあ・・・

近藤聡乃は、新刊で買っていたりする。青林工藝舎の『はこにわ虫』『いつものはなし』、『つめきり物語』。『はこにわ虫』の解説が林静一だったりした。

ちなみに、稲山会員のブログについて、私見ですが、

>まんだらけで『漫画主義』の7・8号が各1050円

これは安いと思いますよ。私が持っていなかったら買います(2分迷って)。

>「七つの墓場」も8400円

いいラインをついてくるなあ、まんだらけは。でも、粘り強く回避。中身は復刻版で漏れないし(ただ、函が格好いい)。8000円きってきたらお買い得だと思います。


あと、

寄稿ありがとうございました。
柄にもなく感激いたしました。
追って連絡します。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。